人材管理システムの特徴

人材管理システムとは?

人材管理システムは、従業員の勤務状況を一元管理するシステムです。どのような従業員が在籍しているのか、どのような環境で働いているのか、わかりやすくチェックできるようになっています。ごく簡単にいえば、…

人材管理システムのメリット

人材管理システムを導入するメリットは、人事部門の業務を効率化し生産性を向上させることができる点です。人事データの管理をエクセルで行っている企業も多いようですが、雇用形態が多様化することによってエク…

人材管理システムのデメリット

多様な人材を求める企業と多様な働き方を求める社員

少子高齢化と人口減少により国内の労働人口が縮小する中で、労働・雇用を取り巻く環境は大きな転換期を迎えています。国はワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、長時間労働の削減、年次有給休暇の取得促進に向けた企業の取組みの促進、育児・介護休業法の周知徹底等様々な取り組みを進めています。 一方、企業には急速な技術革新や産業構造の変化により、柔軟な労働環境の整備や多様な人材の確保が急務となっており、新しい採用・雇用制度の設計と運用が求められています。企業の人事部門(会社の規模によっては総務部門)では、限られた人材で多くの社員の個人情報から勤怠状況の把握、給与・労務管理といった業務を担っており、人材管理システムの活用が不可欠となっています。

人材管理システムは本当に万能なのか?

人材管理システムは、個々の社員の人事管理(異動情報、学歴・資格、病歴)、勤怠管理、労務管理、給与・報酬などの人的資源をシステマティックに管理することができます。人材管理システムを導入することで、これまで人事・総務部門で行われてきた個人情報等を各々のデータベースへ入力する作業から解放されます。 しかし、人材管理システムのデメリットとしては、システムの導入及びランニングコストがかかるだけでなく、管理体制を厳格に制度化しなければならない点が挙げられます。システムを扱う社員はマイナンバーなどの高度な個人情報、競合他社が欲しがる人材情報が集積されものを扱っていると認識する必要があります。企業が、どれほど高価な人材管理システムを導入したとしても、社員の個人情報保護やコンプライアンスへの意識を育てることを忘れていけません。

人材管理システムの導入と運営方法

人材管理システム導入を成功させるには準備が大切!

人材管理システムを導入するなら、解決したい要件を絞ることが大事です。人材管理の問題になっている部分を洗い出して、どのようにしたいのかを要件定義をします。要件は優先順位をつけておき、必ず実現させたい…

人材管理システムを安全かつ効果的に運営する方法と注意点

人材管理システムを安全かつ効果的に運営したいのであれば、手厚いサポートが受けられるサービスを利用することが大切です。インターネットが繋がる環境であればどこででもアクセスできるクラウド型の人材管理シ…

失敗できない!人材管理システムを成功させるカギは何?

さまざまなサービス会社が、パソコンで利用できる人材管理システムを提供してくれます。それらの基本的な部分は同じなのですが、それぞれが特徴をだすために、いろいろな便利機能を搭載している場合が多いです。…

人材管理システム、企業活動の効率化のために

人材管理システムは、企業経営の効率化を図るために社内での優秀なスキルをもった人材の発掘や既存社員の育成、人事の適材適所などを管理するために利用される仕組みのことです。