人材管理システムのメリット

人事部門の業務を効率化できる

人材管理システムを導入するメリットは、人事部門の業務を効率化し生産性を向上させることができる点です。人事データの管理をエクセルで行っている企業も多いようですが、雇用形態が多様化することによってエクセルだけですべてを管理できなくなってきている現状があります。規則性を保ちやすいエクセルのデータ管理は、採用スケジュールを時系列に並べることなどは得意としていますが、人事部門が管理するデータはそれだけではなく、従業員の人事情報や所属歴、資格取得歴や表彰歴などさまざまなデータを把握しなければならないのです。人材管理システムはそのような多様化するデータを一元管理することができ、人事部門の業務を効率化させることができます。

人事評価を可視化して人材を適材適所に配置できる

人事管理システムを導入すると、成果やフィードバックも管理することができるので、人事評価の可視化にも役立ちます。人事評価を可視化した上で評価することによって、納得感のある評価を実現することができ、人材を適材適所に配置することができます。近年では人事に求められる人材管理の幅が増えています。採用活動や人事異動の対応、勤怠管理や給与支払いなどの人事部門で行われてきた一般的な業務は、オペレーション人事と呼ばれていますが、最近ではこのオペレーション人事の業務以外にも戦略人事という役割が人事部に求められています。経営的な視点で人事配置を行う戦略人事では、人事データを一元化させて効率よく人材を配置することが求められます。戦略人事を行うのには、人事管理システムを利用することが有効です。