人材管理システムとは?

人材管理システムの基礎知識

人材管理システムは、従業員の勤務状況を一元管理するシステムです。どのような従業員が在籍しているのか、どのような環境で働いているのか、わかりやすくチェックできるようになっています。ごく簡単にいえば、従業員名簿と勤怠管理と給与明細を統合したシステムです。企業内では人事部や経理部など管理部門による使用が中心で、管理職についている者もチームメンバーの状態把握に活用します。従業員管理を効率的に行うためのシステムなので、規模が大きな企業ほど導入するメリットが大きくなるのが通例です。このようなシステムは自社で開発する例がありますが、他社が開発した汎用的な人材管理システムを導入する例もあります。人材管理システムを新たに導入する場合、旧システムからの移行に時間をかけるのが通例です。

人材評価にもつかえるシステムです

人材管理システムで参照できるのは、勤務時間や給与のデータだけではありません。従業員の評価を行うためにも利用されている例があります。新たな年度が始まるとき、あるいは新たなプロジェクトが始まるときに従業員に目標設定を入力させることができます。また、定期的に業務の進捗状況を記録することも可能です。管理職は目標設定と実際に達成できたことを把握して、評価の参考材料にします。データを客観的に見られるので、成果によって報酬が変わる企業なら透明性のある形で評価を下せます。また、従業員の目標設定が高すぎたり低すぎたりする場合は、途中で目標設定を変えるように指導することも可能です。従業員の勤務状況を総合的に把握できるので、評価や教育のほか、採用活動にも役立てられるシステムです。